気軽に。ふんわり。コミュニケーション

第153回Seattleスナップ 2012年、極寒の地より ~番外編~

02:10:49 pm on 2012/01/02 | 2 |
  • 新年、明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いします。
    昨年は転職の直後に日本で地震があって、とても落ち着かない気持ちのままあっという間に過ぎ去ったように感じます。今年は安らかな日が続きますように。

    11月、12月はスナップを更新せず…。11月は初っぱなからひどい風邪をひき、サンクスギビングあたりから友人宅に行ったり、何かと慌しかった。年末のホリデー11連休。普段はダンナさんは仕事ですが、今年は早々に旅行の予定を入れ、休日出勤を阻止。行き先はアラスカ。暑い夏はアリゾナ。過酷な旅は続きます。(次からSeattleスナップに戻します)
    今回はフェアバンクスでオーロラを見よう、というテーマの5泊6日の日程で、長距離ドライブはなし。マイナス30度という以外、とくに大変なことはありませんよ。

    初日はアンカレッジ経由でフェアバンクス入り。アンカレッジからは30人乗りのプロペラ機。昨年フェアバンクスに行った同僚から揺れて怖かったようなことを聞いたけど、単発エンジンの小型機に比べたら断然大きくて快適。揺れなかったし。座席はオープンで、乗った人から適当に座る。パイロットの他に乗務員は1人。1時間強のフライトで飲み物出して、クッキー出して、アナウンスして、忙しそうでした。夜はスーパーのデリで済ませ就寝。

    翌日はアラスカ大学附属のMuseum of the Northを見学。アラスカに住む動物のはく製たち。マンモスの化石や、3万6000年前のバイソンのミイラはすごかった。ネイティブ・アメリカンのきれいなビーズ細工などもありました。オーロラがどうしてできるか、の映画も見ながら、半日過ごし、少しダウンタウンを見て、夜10時からのオーロラ観察に備えます。
    オーロラを見に行くと決めたものの、どうすればいいのかよくわからなかったので、この日は日本の旅行社の現地ツアーに参加してみました。ホテルまで迎えに来てもらって、郊外のスキー場でオーロラを観察します。
    ガイドの方にカメラの設定を助けてもらいます。これ、素人にはすごい大事。最初は弱くてうっすら見えるだけだったけど、そのうち肉眼で白いのがくっきり見えるようになり、シャッターを押すと、そこに緑のカーテンが。これは感動的です。外で写真を撮り、寒くなると小屋に戻り、2時までオーロラを楽しみ、ホテルに帰り就寝。

    3日目はクリスマス。どこもお休み。午後は車で1時間ほどのChena温泉に行きました。温泉なんて6年振り?大きな湯船で露天風呂。ただ、シャワー浴びてからそこに行くまで寒くて心臓が止まるかと思った。その辺は日本の温泉とだいぶ違います。お風呂はよかった。深いから立ち湯。髪を濡らさないようにしたけど、湯気で湿り、湿ったとこから凍っていく。見れば、みんな綿アメをまとったように白髪頭になっています。鼻毛やまつ毛も凍る。置いておいたタオルも凍る。でも体は温かい。極寒の露天風呂はこんな感じでした。この日は疲れてオーロラは断念。

    4日目。この日はひたすらのんびり。市内をフラフラ。犬ぞりの博物館を見たかったけど。お休みでした。お土産を探しながら。アラスカ大学の家畜も見ました。夜はタートルクラブというレストランに行き、久しぶりにステーキを食す。スキー場まで行ってみたけど、オーロラ現れず。天気も先日よりよくなかった。

    5日目。North Pole(北極)という名前の町へ。ここにはサンタクロース・ハウスというお土産屋があって、そこで実家宛の手紙を投函してみた。どんな消印が押されるかしら。この日はsafeway、walmart、などスーパーをハシゴしてアラスカ土産を購入。モールのwalmartの品揃えがよかったな。
    夕飯はパンプハウスでエルク(アメリカアカシカ)のミートローフをいただきました。お肉は塩とコショウがきいて牛肉みたい。内装がよかったです。
    夜は11時に再びスキー場を訪れてみました。この日は大きなバスも来てて、山小屋の中は60人もの人でごった返していました。皆さん、日本からチャーター便でいらしたそうです。日本からフェアバンクスまで7時間。近いですね。
    肝心のオーロラは3日前と比べて弱かったけど、ぼんやり映った姿もよしとしましょう。自然相手ですから。アラスカに来る直前に太陽の爆発があったので、オーロラを見る条件は悪くなかったのですが。

    もし休みが自由に取れるなら、太陽の活動なんかもちょっと調べて、郊外のロッジに泊まるのがベターでしょう。私たちも事前にもっと調べられてたら、前半は郊外、後半をフェアバンクス、という日程でもよかったな、と思います。
    帰宅後、Aurora forecastを見てみると、オーロラが強くなっているよう。きっと日本から来た人の願いが届いたのでしょう。今度は夏のアラスカを楽しんでみたい。2013年にかけて太陽の活動が活発になり、オーロラも期待できるらしいですよ。皆さんもいかが?

    写真はこちら



     

コメント

  • Etsukoさんのダンナ 16:20 on 2012/01/05 | #

    オーロラよかったっす! 絶対にお勧めします。

    見ずには死ねるか、といった感じでしたが、ツアーに来ていた大阪のおばちゃん達も、冥土の土産とかいってましたよ。

  • etsuko 14:53 on 2012/01/24 | #

    冥土の土産といって、いろんな場所に旅行して、息子に呆れられてる、みたいなことも言ってたね。さすがです、大阪人。なんか、日本にいるような感じでした。

    極寒のアラスカから戻り、シアトルでは半袖短パンで過ごせるかと思ったら、すぐに慣れてダメだった。先週なんて、ずっと大雪で寒かったな。子どもたちは、月曜日のキング牧師の記念日だけが祝日の予定が、一週間まるまる休校の学校も多かったようです。雪はほとんど降らないんじゃなかったのか、シアトル。5年間、裏切られてる気がする。

コメントする