気軽に。ふんわり。コミュニケーション

第156回Seattleスナップ 世界で最も長い?ビーチ

02:52:46 pm on 2012/06/03 | 3 |
  • 5月末、アメリカもようやく初連休のメモリアルデーとなりました。天気が気になりますが、オレゴン方面にお出かけすることにしました。

    今回訪れたのは、世界一長いビーチと言われるLong Beach。カリフォルニアではありません。ワシントンのロングビーチです。それとポートランド。

    金曜日、会社を早退して高速道路I-5をひたすら南下。途中何度も渋滞にはまりながら、大雨に遭いながら、明るいうちにロングビーチにたどり着きました。本当は余裕で夕陽を見る、というプランだったけど、間に合わなかった。

    ロングビーチは想像と違い、夜10時くらいまで開いてるレストランもあって、けっこう観光地だった。とりあえずホテルの隣のレストランでアストリア(すぐ南のオレゴンの街)の地ビールに地元の牡蠣などいただき、就寝。

    次の日は、前の日に夕陽を見られなかったビーチで朝の散歩。曇ってて寒い。半島の北に向かい、牡蠣の養殖場、Oysterville Sea Farmでブランチ。レストランではないので、生牡蠣は条例上出せない、とのことで、スモーク牡蠣とクラムチャウダーをいただきました。クラムチャウダーはアサリがプリプリだし、スモーク牡蠣も身が大きくて美味しかった。(生牡蠣を買うことはできます)

    半島をグルっと一周したあとは、南のイルワコに移動しました。ここではColumbia Pacific Heritage Museum博物館に行って、西部開拓時代を勉強したり、昔走っていた電車を鑑賞。アメリカにも各都市に電車があったのです。あと、フランスの冒険家ジェラール・ダボビル氏が銚子からイルワコまでボートで太平洋を横断したときの記録もありました。それと、なんとイルワコには喜望峰ならぬCape of Disappointment(失望峰)があります。寄らなかったけど。ガッカリしても困るし。

    そのあとも南下し、オレゴン入り。4年前にも訪れたキャノン・ビーチに寄って、海岸をお散歩。たくさんの人、家族、それぞれ楽しそう。さらに南のシーサイドに寄りましたが、ここは人が多すぎてゆっくり楽しむ感じじゃなかった。夕方にはポートランドの隣、ワシントン州のバンクーバーに入り、次の日の本屋めぐりに備えます。夕飯は初めてマテ貝(razor clam)をいただきました。貝づくし。マテ貝は固かった。アジア系スーパーでよく売ってるけど、みんなどう調理してるのかな。

    ポートランドに来るのは2度目。シアトルには大きな本屋が少ないので、Powell’sでとにかく隅々まで本を探したい。ということで、ほぼ一日、昼食を取りながら本屋で過ごしました。これまた楽しかった。帰りは連休ナカ日でスイスイ。帰りがけに連休明け用のお弁当の材料買って、現実に戻ります。

    ロングビーチはもっと漁村っぽい場所を想像していたけど、可愛い町でした。長さが世界一かどうかは定かではありませんが、美味しそうなレストランもあったし、ゴートチーズ農場も寄ってみたい。8月には毎年恒例の凧上げ大会もあり、せっかく近くに住んでいるのだから、一度見てみたい。ホテルの人に聞いたら、ホテルは一年前に予約しなくてはダメとのこと。来年、また来マス。

    <写真はこちら



     

コメント

  • Etsukoさんのダンナ 14:27 on 2012/06/20 | #

    世界一ながいビーチと謳ってても、九十九里のほうが絶対に長そう。

  • etsuko 15:35 on 2012/06/24 | #

    九十九里の方が長そうね。とてもいい場所だったけど、あの「世界一」を謳うゲートは...。

  • kko 11:05 on 2012/09/09 | #

    九十九里の方が長いんかい!笑

コメントする