気軽に。ふんわり。コミュニケーション

たまがわ花火大会。

03:16:25 pm on 2010/08/22 | 13 |
  • parashutoでもおなじみのchieさん、norikoさん、shigeさんのおかげで、今年は「たまがわ花火大会」を見に行くことができました。夕日が奇麗な夏の夜に、多摩川土手の芝生の上で大迫力の花火を見ることが出来て本当に幸せでした。会場で流れていた音楽に感化されて、感動して涙が出そうでしたよ。笑

    行き帰りの大混雑も含めて花火大会の醍醐味だなぁと思いました。楽しかったです!

    企画・運営のお三方に感謝でございます。
    ありがとうございました!!

    ※遅刻してしまったばっかりに、ご迷惑をおかけしてすみませんでしたm(_ _)m

    他の写真はこちらからどうぞ。



     

コメント

  • Taro 17:49 on 2010/08/22 | #

    私もしんや軍団と一緒に行きました。でもこんな近くじゃなかったです。来年はこちらにお邪魔したいです。

  • ryo 17:52 on 2010/08/22 | #

    やっぱり、Taroさんもいましたか〜。
    Taroさんもいるかもね、なんて話をしていましたよ。
    有料席だったんですが、十分その価値はありましたよ!
    すごい迫力でした。

  • Taro 18:58 on 2010/08/22 | #

    有料席があるんですか。それはチェックしないと。

  • chie 21:39 on 2010/08/22 | #

    昨日はお疲れ様でした。

    写真、キレイにとれたねー。板橋もよかったけど、こちらも真近で迫力満点のでっかい花火見れて、夏満喫できました♪

    ある程度の混雑は予想してたけど、あそこまでとはビックリ!
    でも、二子玉川のホームに降りれたんでよかったよ。私は10年ぐらい前二子玉で降りれなくて、その次もダメで高津まで行った気が・・・。なんでまさか・・・とちょっとヒヤヒヤしてました(汗)

    また来年も行こう!!!

  • ryo 22:35 on 2010/08/22 | #

    パシパシ何回もシャッター切ってたら、そこそこいいのが撮れました。笑

    しっかしあの混雑はすごかったね〜
    渋谷で田園都市線のホームに着いたときは、これはヤバいという感じましたよ。2本目の電車に乗れたので良かったけど。

    また来年もぜひ!
    来年は遅刻しないようにもっと早めに出発します。

  • etsuko 12:36 on 2010/08/23 | #

    写真、たくさんアップしてくれてありがとう。今年はいくつか花火大会を考えていたのですが、週末どうしても忙しくて、結局一度も見られませんでした。写真で楽しめたよ。日本の花火は本当にきれいだね。アメリカのはきれいだけど、豪勢すぎ?一気にたくさん上がりすぎて、ちょっと…

  • etsuko 12:37 on 2010/08/23 | #

    あと、みんなの写真も嬉しかったです。

  • noriko 19:29 on 2010/08/23 | #

    皆様、お疲れ様でした!

    フカフカの芝生の上、川を渡る涼しい風、体に響く音、頭上で開く一瞬の煌き、最高でした!

    ぜひ来年も行きましょう! 有料席発売開始から速攻で売り切れの10人用シート、狙いますか?
    でも、行きも帰りも混雑が・・・誰か宝くじか大穴当てて、二子玉川のタワーマンション買ってくださーい!

    しかし、あの混み具合はすごかった。橋を渡るのに1時間って・・・もう足がパンパンでしたよ。

  • ryo 08:20 on 2010/08/24 | #

    >etsukoさん、
    写真で楽しんでもらえて良かった。
    花火はやっぱり日本だね〜。アメリカで見たのは味気なかった記憶が。いまは変わってるのかもしれないけど。

    >norikoさん、
    本当にいろいろありがとうございました!
    行きも帰りも混雑すごかったですね。ドスのきいた女性の声で「帰れ」と言われたときに、もうちょっと粘ってれば良かったですね。行きは遅刻した僕らのせいでございますm(_ _)m

  • Etsukoさんのダンナ 15:37 on 2010/08/25 | #

    たーまやー

    やはり花火は日本に限りますね。
    先日NHKでも、日本の花火は世界一といってましたが、まったく同感です。

    アメリカの花火は、ただ派手なだけで、奥深さがないっす。

  • kiko 12:25 on 2010/08/28 | #

    奥深さ、そうその言葉がとてもぴったりですね。
    なんか、美しさと同時に淡い切なさを見る度に感じるのですよ。
    毎年毎年見ても感じるあの嬉しさと切なさ…篠原涼子の昔の曲みたいになっちゃったな

  • shige 11:39 on 2010/08/29 | #

    今更ながら、あの花火大会はとても楽しかった。あの席は、お金払っただけの価値があったなあ。
    いつもながら、企画の発案/立ち上げから運営までやってくれるchieさんに感謝です。

    花火の奥深さ・・・何かが違うんでしょうね。何が違うんだろう?
    俺はアメリカンの花火を見たことないから確信を持って言えないけど、もしかしたら「テーマ」なんでしょうか。
    日本の花火大会って、花火師さんやスポンサーがテーマを設定して、そのテーマに沿って花火を作り、打ち上げますよね。小さな花火大会でも。
    もしかしたらそれかもしれないなあ。

  • etsuko 12:07 on 2010/08/30 | #

    今日は日本語放送で大曲の花火競技会なるものを初めて見ました。色や形の進化はすごいですね。美しい。昇曲導付?という日本語を初めて聞いたなぁ。
    アメリカの花火はきれいだけど、後味がいまいち。間とかの感覚が違うから仕方ない。ものすごい数の花火が一気に上がって終わり、という感じを受けます。なんか主食がいくつも並んでいる感じかな。テーマも、独立記念日や大晦日だから、どうしても派手だけになるにかな。

コメントする